むつみこども園 教育内容の特色
 み仏さまのこども達   
 ○ お寺の幼稚園児としてありがとうの心をはぐくみます。月曜日の朝、全園児でみ仏さまに礼拝し、よい子のお約束
  をします。 手を合わせることで感謝する心、,思いやりの心をもつ子、お友達となかよくする心をはぐくみます。
 ○ 花まつり(5月)た報恩講(11月)も行い仏さまの子として、元気に過ごしていることを感謝します。
   むつみっ子の素直な心が育ちます。
 歌声響くこども園   
  適時教育として音感教育を取り入れています。
 発達目覚しい幼児期に音感教育を学ぶことで、絶対音感やリズム感が養われます。同時に、集中力や持続力自主性
 や表現力、そして話を聞く・席に座るなど基本的な学習習慣も身についてきます。
  歌を歌ったり、楽器を鳴らしたりする活動をふんだんに取り入れています。
 カスタネットや鍵盤ハーモニカ、シロホンなどいろいろな楽器に親しむ経験も大切にしています。
 その一環として年中・年長組になると、マーチングに挑戦します。みんなで一つの作品を作り出す楽しさを感じてほし
 いと思っています。正確なリズムや音程は、音感教育で育った賜物といえます。
 
豊かな人間性をはぐくむ むつみっ子たち    
 ESL…子供達が楽しみにしている英語で遊ぶ時間です。 (年中組、年長組)
     週に一度、外国人の先生と一緒に歌って踊って、楽しく過ごします。ゲームをしながら発音や文字に親しみま
     す。聞いた音を真似て出せる耳の力に、幼児期の感性のみずみずしさを感じます。
 茶道教室…月に一度、日本の文化に楽しく親しんでいます。(年長組)
     礼儀作法を学ぶ子どもたちの表情は真剣そのもの。
     おいしいお菓子とお茶にはおもわずにっこり 3月には お家の方を招待したお茶会を予定しています。
 
 体操教室…月に一度、幼稚園全クラスで実践。運動経験の個人差が著しい昨今の子供達。
     跳んだりまわったりといった基本的な運動からスタートし、側転、倒立…など発展した運動を楽しめることをめざ
     し 楽しく体操をします。
 おじいちゃん、おばあちゃんとのふれあい活動
     おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に草花の苗を植えたりおもちゃを作ったり…。
     大好きなおじいちゃんおばあちゃんと一緒に遊べて、子供達は嬉しそう。おじいちゃん・おばあちゃんも園での
     姿をじっくり見られて良かった、と大好評です。
     毎年1月に竜が浜荘に慰問に出かけ、おじいちゃん・おばあちゃん達に歌やクイズのプレゼントをしています。
 縦割り活動
     一人っ子も多い実態から、異年齢児が混じった活動を定期的に取り入れています。
     小さい組のお友達は大きい組のお兄さんお姉さんにお世話してもらってとてもうれしそう。年中さんや年長さんは
     小さなお友達のお世話をよろこんでしています。お互いに思いやりの心が育っています。

 
 小学生との交流
     立山中央小学校の5年生と年間10回程、一緒に活動しています。
     小学生のお兄さん・お姉さんと楽しく遊んだり小学校を見学したり…小学校入学がますます楽しみです。